イオン高の原(京都府木津川市・奈良県奈良市)-安田眼科-眼科一般-高の原駅すぐ

安田眼科ホームへ
〒619-0223 京都府木津川市相楽台1-1-1
イオンモール高の原3F
電話番号|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
文字の大きさ
標準文字|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科 大文字|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
HOME|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
院長ごあいさつ|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
診療受付時間|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
院内のご案内|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
目の病気について|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
目の病気 Q&A|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科

QRコード|奈良県奈良市|木津川市|安田眼科
疲れる
眼精疲労(がんせいひろう)
眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、 頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。
■ 原因
パソコン等の作業、度の合わない眼鏡の使用、眼疾患によるもの、全身疾患に伴うもの、心因性のもの、環境によるものなど
■ 症状
しょぼしょぼ、目のかすみ、目が痛い、まぶしさ、充血、頭痛、肩こり‥
近視・遠視・乱視(きんし・えんし・らんし)
ドライアイ(どらいあい)
涙の減少あるいは質の変化により眼の表面が乾きいろんな障害を生じます。 涙がかなり不足すると乾性角結膜炎という角膜に傷がつく事が多いです。
■ 原因
過度のVDT作業、パソコンなどのモニターを見つめる作業を長時間行ったり、乾燥した環境(空気・部屋など)、 加齢など年を重ねると特に女性では涙の分泌量や質が低下します。また、アレルギー性結膜炎、 全身の病気に伴うもの(膠原病、シェーグレン症候群など)、内服薬(降圧剤、精神安定剤など) 血圧を下げる薬や精神疾患に用いられる薬で涙の分泌量が減少することがあります。
■ 症状
目の乾燥感が主な症状ですが、目が痛い、目が重い、異物感(ごろごろする)、目に不快感がある、目が疲れやすい、まぶしい、目やにが出る、 涙が出る、ものがかすんで見えるなど様々な症状が現れます。
■ 関連症状
充血、しょぼしょぼ
VDT症候群(ぶいでぃーてぃーしょうこうぐん)
VDT症候群とは、パソコン、ワープロ、テレビゲームなどの端末であるVDT(Visual Display Terminal=ビジュアルディスプレイターミナル)を用いた長時間作業により、 目・体・心などに影響のでる病気で、別名「テクノストレス眼症」とも呼ばれています。要因として多いのはドライアイです。長時間集中してPCモニターを見続けると、 まばたきの回数が減り、目が乾燥することによって、非常に疲れやすくなります。また、長時間同じ姿勢をとり続けるので、肩がこる、首から肩・腕が痛む、 だるいなどの症状が起こり、慢性的になると背中の痛み、手指のしびれなどいろいろな症状に進展します。
■ 関連症状
充血、しょぼしょぼ
不同視(ふどうし)
不同視は、左右の視力、例えば右の視力が1.0で左の視力が0.1というように両目の視力にに大きな差があることをいいます。 幼小児期に不同視がある場合、見にくい方の目の視機能発達が遅れて、弱視の原因となることがあります。
老視(ろうし)
老視とは、遠くを見たり近くを見たり自由にピントを変える力が衰えることによって起こるもので、近くのものを見る際に困難をきたした状況、 俗にいう「老眼」のことをいいます。40歳をすぎると水晶体の弾力が低下し徐々に近くを見る作業の時に眼が疲れるなどの不快感を感じ始めます。 調節力の低下は生理的現象で加齢とともに進み、65歳を過ぎると調節力はほとんどなくなるので老視もあまり進まなくなります。 近視の人はもともと近くに焦点が合いやすいため老視の症状を自覚しにくいといえますが、 普段遠くを見るために使用しているメガネをかけた状態で近くのものがぼやけるなどの症状が出現します。” 近視の人は老眼にならない”というのは誤りです。
■ 症状
二つに見える、ピントが合わない

イオンモール高の原(京都府木津川市・奈良県奈良市)3階の安田眼科(京都府木津川市・奈良県奈良市:眼科)